2006年10月17日

「ある考え」を持つ訓練

今行ってるレッスンでよく行なう演技訓練に「スリーカード」(多分こんな名前?)というのがある。

何枚かの3種類のカードを、それぞれ一枚づつ計3枚引いて、そこに書かれているように演技するのだ。ちなみにこれもコーチのオリジナルらしい。レッスンの基準となっているものは、ハリウッドなどでも教えられているデータらしいが、ここで行なっている事は、それを元にしたユニークなコーチのオリジナルの方法が多いのだ。

さて、そのカードの3種類は、まず「イライラして」とか「怖がって」とかの”感情”、そして「服を着ながら」とか「立ち上がりながら」とかの”動き”、そして「ありがとう」とか「ホントに怒るよ!」とかの”セリフ”だ。

その3枚を引いて、たとえば

「イライラして」「服を着ながら」「ありがとう」

などというシーンを演じるわけだ。
これは意外と難しい。でも子供にはとても人気のある訓練だ。子供は何でもルールさえきちんとあれば、ゲームにしてしまえるからね。(「ライフ・イズ・ビューティフル」という映画では、ナチの捕虜収容所でナチに見つからないというのが”ゲームだったよね)

大人がやると、頭で「うまくやるにはどうすれば……」何て考えてしまうんだよね。でもこれは、その3つを同時に行なうというシンプルなゲームだと考えた方が面白い。

でも、実際演技では、というより実生活でもこんな風に、感情と動きとセリフがそれぞれバラバラな事って、ホントによくあるんだよね。つまり頭で考えるよりも、こういう事は”自然”で”リアル”だってこと。

だけど、いざやるとホント難しいんだよね。
何かギクシャクするんだ。
で、コーチが言ういつものセリフ……。

台本には、「セリフと動き」が書いてある。でもそれをただ行なうだけじゃ「棒読み」だよね?「感情」が込められていないとダメだよね?じゃあ、感情が込められていればいいかって言うと、それも「クサイ芝居」になりやすい。
「リアルな演技」というのは、「ある考え」から演技が始まるんだ。その「ある考え」が「感情」を創り、身体を動かして「セリフと動き」を表現していくのだ。

「ある考え」というのは、「意図」のことだ。つまりブッチャケ「〜したい」という考えの事。
この「〜したい」がシーンの演技の基本との事。それを見つける事こそ、「役者のセンス」ということらしい。

ちょっと話が長くなるけど、「〜したい!」というのは、誰に、何を、どうしたいか?もしくは、どうしたくないか?がきちんと明確でないといけない。退屈なシーンでもこれは真実。つまり、「目の前の君たちに」「関心を」「持ちたくない」というのが退屈!面白いね。これ「積極的な退屈?」だ!!!

だから、この「スリーカード」も、引いた3枚のカードを成立させるようなシーンの「ある考え」をひらめけば、それで正解!いきなり演技が腑に落ちるようになる。

本当に役者のセンスが磨がかれる訓練だねこれは!
まあ、やり方だけ分かっても指導が適切でないとうまくいかないかも知れないけど……。

ともあれ、演技のときには、その人物の「感情」なんかではなく、「ある考え」にシンクロしていくというのは、またまた目からウロコの訓練でした。
posted by タカシ at 01:57| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

自分は「再現フィルム」ならどんな役?

久々、再現映像をやった。
教師のバラエティスペシャルで流れるものだ。

今回は中学校の先生役。
再現やってて要求されるのは、

「とにかく分かりやすく!」

一目で「着任して何年目の、生徒に関してどんな指導方針を持っていて、生徒からはどんな風に思われていて、また、どういう私生活を送っている先生か?」というのまで分からなくてはいけない。

これがドラマだったら、「一見〜そうで、実は〜」みたいな説明をする時間があるのだが、「再現」はその性質上、一目でどんな性格か?立場か?才能か?……などなど分かってもらえないといけないのだ。

そう言えば、演技コーチが面白いことを言っていた。

「自分がもし再現フィルムのプロデューサーだとしたら、どんな役に君をキャスティングしたいと思うか考えてごらん?それが君の外見的な”適役”だよ」

ものすごく「成る程!」って思った。
ちなみにオレは、「突っ張ってるけど、内心気弱な20代前半の新任教師」ってのがピッタリだと思った。

人の適役ってのは、99%外見で決まる。
「人は見かけじゃないよ」っていうのは、役者には真実じゃないのだ!

最も当然、「不細工なのに、人の良い共感される主役女優」とか、
「デブなのに、なぜか女に持てる役」とか、
「ハンサムなのに、いつも裏切られていじめられる役」とか……。

いろいろとある。でもそれらはすべて、外見が基本となっているのだ!

つまり、適役(キャスティング)とは「〜だから〜」「〜なのに〜」の2通りしかないのだ!

コーチに言わせると、これが分かっていない人がとても多いらしい。
つまり、自分の外見の印象、特徴を自分でよく分かっていないという人の事だ。

外見で人は判断される。
だから、自分の外見を客観的に見て、それを把握して「演技戦略」を立てる必要があるのだ。
この真実は、プロの役者にはまがう事なき事実である。

「自分が再現フィルムでどんな役にキャスティングされるか?」

まだ再現フィルムに出た事ない人は、ぜひ自分で考えてみてはいかがでしょうか?
posted by タカシ at 01:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

4トントラックと演技スペース

2006-0811-0625.jpg
バイトで、またまた人生初!4トントラックの運転をやった!
知らない人にはよく分からないだろうが、4トンというのは、トラック界における一つの大きな壁(?)なのだ!

コンビニ配送などで、よく走ってるのが「2トン」、その下に「1.5トン〜軽トラ」までいろいろあって、2トンの上が「2トンロング」、まあ、ここまでは普通のクルマの延長の感覚。

そして、4トンとなると、これがもう大型トラックと何ら変わりないのだ!
どのくらいの大きさかというと、2トンロングでちょうど普通の市バス位の大きさ。4トンはそこからふた周りぐらい大きい!

運転席にも「よじ登る」感じで入っていくのだ。
交差点曲がるときも、大回りしなくてはいけないし、くぐれないガード下など道のルートにも気をつけなくてはいけない。

前に、バイトでトラック乗っていた時、4トンに初めて乗せてもらって、「こんな世界があるんだ……」ってスゴく感動したのを覚えている。

4トンの助手席から見る景色は、まるでこの街の支配者になったかのように辺りを見下ろし、とても気分が良かった……。
続きを読む
posted by タカシ at 09:50| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

習うより……。

久しぶりの更新。
最近仕事がないのでさぼっていた。

オレは、高校の学園祭でちょっと芝居をやって、面白いと思ってこの世界を目指し始めた。そのとき、結構みんなからも先生からも褒められたんだ。

でも、実はそのとき自分自身では納得のいく演技ができなかった。
で、違うクラスにハンドボール部の友人がいて、そいつの芝居を観たとき「負けた……」って思ったんだ。

なぜかはよく分からなかったんだけど、滑舌や声の大きさや動きの良さとかじゃない。そんなのはルックスも含め(多分)オレの方がずっと良かった。

役者として、『演技力』で負けたって思ったんだ。続きを読む
posted by タカシ at 04:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月30日

ドキドキ!ワクワク!の誘惑

2006-0727-0536.jpg
バイトで高所作業車の回送をすることになった。

写真のは、自分が歌舞伎町まで回送した12メートルまでしか伸びない小型のヤツだけど(それでも高い!)、仕事する前に、事務所の人に「ちょっと乗ってみる?」といわれ乗ったヤツは、27メートル(約7階の高さ)まで伸びるヤツだった!

住宅街の駐車場で乗ったのだが、これが、想像したのとまるで違い、すごいのなんのって……。

続きを読む
posted by タカシ at 01:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

蜂にしてみれば……「無差別大量殺戮現場」

今日も便利屋さんのバイトで人生初体験!
蜂の巣の駆除をやってきた。

それだけでなくて、午前中は小さな引っ越し作業があったのだけど、昨日はテンション上がったテレビ局での撮影。今日は、雑用バイトと我ながら変な生活……?

さて、蜂の巣駆除。
オレは結局、全く手を出さなかったのだけど、「これから蜂の巣やりにいくよ」と社長に言われて「エッ……あ、はい……」と正直ちょっとビビった……。続きを読む
posted by タカシ at 01:16| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

人の振り見て……

今日は、久々にドラマの撮影でした。

家族の話で、オレは主人公のOLのフリーターの弟役で、ちょっとしか出ないんだけど、家族そろっての食事のシーンでメシをカッ食らって、とっとと自分の部屋に戻るっていう、そういう何げないシーン。

でも、何とこれが、「テイク12」まで行きました!

何でそんなに撮ったかというと、お兄さん役の人がエリート商社マンで、食事しながらOLに説教するってシーンで、その人が小劇場系の人なんだけど、あがってるみたいで、セリフをとちるは、噛むは、つっかえるは……。もう散々で……。

続きを読む
posted by タカシ at 02:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

「心の中の”ゴミ屋敷”を片付けること」

今日は、近所の便利屋さんのバイトで、ナント人生初体験!
ニュース番組などで定期的に話題になるあの「ゴミ屋敷」の片付けに行った。

現場到着前の社長の言葉によると、「今日は”1メートルちょっと”だから大したことないよ」とのこと。

プロは、ゴミ屋敷のレベルを、”高さ”で表すらしい!
何の高さか?というと、もちろん「部屋に積もったゴミの山の高さだ!!(キャーッ!)

今まで最大「1メートル70センチ」をやったことがあるらしい。部屋の隅じゃないよ、部屋の中全体にこの高さのゴミが積もっているのだ!そして住人は、”その上で”生活をしているのだ!

想像できるだろうか???

ちなみに、もっとハイレベルになると、今度は「2トントラック〜台分」という基準になるらしい。今週末には、2トントラック30台分(!)の大物が控えているそうだ。(料金は、企業秘密だが、1台分で大体10万円。ということは……!)

さて、現場到着。今日は正確には「ゴミ屋敷」ではなく、アパートの一室だ。
アパート前にトラックを止めたとたん、ほのかな”異臭”が漂ってきた……。
続きを読む
posted by タカシ at 01:15| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

【成功する”開き直り”のやり方】

常に、楽で手っ取り早い演技の上達法を探しているオレが、またまた感動した知識に出会いました。

これもどうもうまく行かないときに、ソッコー性のある方法ですよ。(方法というより、考え方だけど)
どうぞお試しあれ。

ではでは、ご紹介していきましょう。


【成功する”開き直り”のやり方】

不安で一杯でビビっているときは、あらゆることがうまく行かないように思えます。
そんなときは、「ええいっ!」と気合いを入れて「開き直る」と、気持ちが落ち着いてうまく行きますよね。

【開き直る】って、それこそ目をつぶって闇雲にダーッって飛び込んでいくイメージがあって、「そんなんでうまく行くわけないやろ?」って何となく思っていました。
でも、今日のレッスンの演技コーチの話で、その【開き直る】ことの本当の意味を知りました!続きを読む
posted by タカシ at 00:29| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

オイシくて、楽な仕事。

ロマンスカーヤ窓.jpg
今日は、旅雑誌の撮影でした。

新宿で集合し、小田急ロマンスカーで箱根湯本まで。
そしてそこからライターさんのクルマで宿まで行った。

で、この写真。
今回、初めてロマンスカーの一番前の車両に乗った!

そんな驚くほどでも……、って思ったらやっぱり結構スゴいパノラマ風景。
そのビデオが売っているらしいけど、ちょっと欲しくなった。

宿はちょっと高級感のあるホテルで、館内とかいろいろと撮影した。
やっぱり雑誌の仕事は楽しい!

スタッフは優しい、
女の子も可愛い、
メシもおいしい、
温泉入れる、
観光できる、

「これ仕事?」って思うくらい、言うことないホント楽で楽しい仕事なんだけど、そして、もちろんきちんと真面目に目的の”絵”を創るために頑張ってやったんだけど……。

でも、日頃のバイトの辛さや、撮影現場の厳しさを思うと、こんな楽な仕事ばっかりやっているとダメだなってホントに思う。(それほど多くはない仕事だけどね……)

日頃、きちんとしたコアの仕事があれば、こういう仕事も良いだろうが、オレみたいにバイトメインだと、勘違いしそうで恐い。

必死で苦労して、辛い中にも楽しさがある共同作業で、良い作品を創る。
そういう作業に参加していきたい。


でも、ひと月に1回ぐらいこういう仕事もやりたいかも……。
posted by タカシ at 00:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

やる気の元

ちょっとブログの見かけが寂しかったので、グーグルで【ドラマ】という言葉で【イメージ検索】をして最初に出た画像を飾ってみました。

こうするだけで、”燃えます”ね!

……といっても、別に高橋真唯ちゃんに萌えてるんじゃなくて、何だか「自分もやるぞー!」っていう気になるってことです。

そう、結局やる気が出ないで、レッスンにも足が重くなったりするのは、自分の目標とする世界に接していない、つまり映画やドラマを見たり、情報を仕入れたりしてないときだとおもいます。

これ、分かっちゃいるんだけど、バイトで忙しかったりするといつの間にか余り映画とか見なくなってるときがあるんだよね。テレビもバラエティーの方が気楽だし……。

で、やる気なくしてるときはオーディションとかもなぜか入らなくて、「仕事来ネエなあ……」と思いながら、ふと気がつくともう季節が変わっていた……何てことよくありました。
続きを読む
posted by タカシ at 23:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロセスを観客に見せるな!

プロセス……(1)手順。方法。
      (2)進行状態。過程。工程。経過。道程。

世にドラマよりも面白いドキュメンタリー番組はよくある。

ドラマとドキュメンタリー、確かにフィクションとノンフィクション、つまり扱っているものが虚構か真実かの違いはあるけれど、一番の違いは「結果」を作品として見せるか、それとも「経過(プロセス)」を作品として見せるかだと思う。


「ドラマのたった一つのシーンでも、様々な困難なプロセスを経て創られていくわけけど、それを見せちゃあ絶対にいけないんだ……」

以前、レッスンで、コーチがある女の子にそう言っていた。

「君は、演技を楽しんでいるわけではなくて、大変で難しいことをがんばっている”自分”を見てもらいたいと思っている……」


誰でも、ついがんばっている姿を誰かに見てもらいたくなるよね。
「こんなにがんばってるんだ。見てくれよう!」

でもそれは、作品の出来には全く関係ない。つまり役者が苦労して演じようが、あっさり簡単に演じようが見ている観客にはどうでも良いこと……。
続きを読む
posted by タカシ at 00:57| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

オーディション速報!

別に”速報”しても仕方ないけど、今日も日曜なのにCMのオーディションに行ってきました。

今日は、オレのオーディション人生でも初めての経験(そんなに経験ないけど……)のやり方だった。

いつものように、名前、年、所属をカメラの前で答えたんだけど、その後、実際にクルマを運転して、その運転姿をカメラに収めるというもの。

CM内容やクルマの車種やメーカー名に関しては、一切話せないんだけど、オレがやったんだから、若者向けの車種であることは間違いない。

で、オーディションでは、その助手席に乗ったカメラマンの人が、「じゃあ、その交差点右に曲がって」とか「次の信号の手前の一方通行を左に入ってください」とか指示してくれて、そのルートで実際に街中を走った。

タクシーの運ちゃんヤリに行ったんじゃねえって言うの!

でも、普通のオーディションと感覚が異なり、面白かった。他の人は、「教習所みたいで緊張した」って言ってるひともいた。

運転技術自体は、トラック運転していたことがあるから自信あるけど、はたして結果は……?
posted by タカシ at 22:58| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ズボラ役者のお手軽リアル演技法」パート2

前回は、自分を動かしてもらう何かを見つけるだけ、っていう「他力本願」の方法をご紹介しましたが、今回はもっと簡単、究極の「ズボラ演技法」です。

今までオレが出会った中で、最もシンプルで、最も強力なすごい方法です!絶対にどんな演技論や演技方法も敵わないでしょう。(ただし、できる人にとっては……)

では早速ご紹介しましょう。
これ名前がないので、オレが命名しときます。

命名:「いたづらな妖精に魔法をかけられちゃった……のよ演技」(ジャ〜ン!)

やり方は極めてシンプル。自分が、
「いたづらな妖精に魔法をかけられちゃった……」
って、思い込む。
たったこれだけ!(【いたづらな】ってとこポイントね)

それだけで、スタジオ内の「目の前の見えない壁」も信じて演技が出来るし、きらいな相手役も好きになれるし、浮浪者の役だって、セレブマダムだって、不登校児童にだって凶悪犯にだって何にだってなれちゃう!

今の演技コーチが言ってることだけど……、続きを読む
posted by タカシ at 22:29| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「新たな視点」ゲットの瞬間!

今日レッスンがあって、朝から電車に乗ったんだ。

いつもより一本遅く乗ったら結構混んでいて、新聞が畳んでようやく見れるかな……っていうぐらいだった。(土曜日なのにね)

で、今日の電車はなぜか急発進、急停車でよく揺れた。
土曜なので、新人運転手が練習してるのかもしれんな……、と思っていたら、ついに、目撃したのだ!

オレにとってはすごい衝撃だった。

もったいぶらずに、何見たかって言うと……続きを読む
posted by タカシ at 00:32| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

バイトをがんばるな!

24になった誕生日の今日も朝からバイト(;_:)

今日の仕事は、引っ越し作業員。
例の「勉強しまっせ……」の会社だ。

いろんなとこの作業員やったけど、ここは極めて体育会系。
よく言えば、気合いで乗り切る。
悪く言えば、何も考えない。上から言われたことをそのままやらせようとする上意下達が社風?
だから個々の指示がいいかげんで人をうまく動かせない。

社員がうまくバイトを使えるかどうかは、結局社員が会社に大事にされてるかどうかだね。
どんな仕事でも楽しくやらなきゃいかんよ。
ギャラは一番いいんだけどねここ。(多分料金も一番高い)

オレ、バイトは何か一つをずっと続けないことにしている。
あの「室井滋」さんもいろんなアルバイトをやったそうだが、それに慣れたり責任持たされたりしないように、絶対長く続けなかったらしい。

バイトで安定ちゃうと、バイトが生活の中心になって本業になっちゃうもんね。

周りにそういうヤツ何人もいるよ。
特に意外と実家から通っているヤツが多い。

「故郷を役者をやるために出てきた」っていう決意がないからなのかもね。

バイトはあくまでもバイト。
本業は役者!

この一年。絶対飛躍の年にしてやろう!
posted by タカシ at 00:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

「ちょい役の心得」

今はまだ、でかい役はもらえていません。いわゆる「ちょい役」ばっかです。
でも誰でも最初はそうですよね。

で、演技コーチにメールで「脇で目立つテクニック」ってありますか?って質問したら、長い返事を返してくれました。

すごくよく分かる内容でした。
コーチの許可をもらったので、ここに載っけておきます。
皆さんもどうぞ参考にしてください。

−−−−−○−−−−−○ーーーーー○ーーーーー
ちょい役でもテレビドラマで役をもらえるというのは、すごいことです!
これを足掛かりにどんどんいい役をゲットしていって下さいね。
役者としては君には失うものは何も無いのだから、攻めまくってガンバって下さい。

 さて、「脇で目立つテクニック」です。
 本来そんな特別なものはありません。どんな場合でも「その役」を演じれば良いのです。そこで重要なことは、「思いきってやる!」これにつきます。

続きを読む
posted by タカシ at 00:30| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

信じてなんぼ!

役者の仕事って、ホントに日々の生活すべての時間が勉強だと思う。

バイト先とかで、どんなにやなことがあっても、「この経験を必ず演技に生かしてやるぞ(メラメラ☆×◎)」って思うしね。

でも、やっぱり一番学べるのはもちろん撮影現場。
だいぶ前になるけど、ある2時間ものの刑事ドラマで犯人の役やったんだ。そん時は、取り調べ室で、ベテラン役者のFさん扮する刑事に取り調べを受けるシーンだった。

で、ろくにセリフ合わせもなしにリハが始まったんだ……。

続きを読む
posted by タカシ at 23:39| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ズボラ役者のお手軽リアル演技法

演技理論とか必死になって勉強している人がいます。スタニスラフスキーの「俳優修行」なども顔をしかめながら読んでみたりとか……。

実はちょっと前のオレです。
本を読むのは好きなので、あまり苦にはならないけど、正直実際の演技の教科書として使えるのは、今の演技ワークショップでも推薦している、アカデミー賞を2回も取った俳優、マイケル=ケインが書いた「映画の演技」位だと思う。

理屈こねるんじゃなくて、実際にどうかで示してほしいよね。

で、今回は「ズボラ役者のお手軽リアル演技法」の紹介。
自分は、のんびりと構えて他の人やものを使ってリアルに演じてるように見せる、まさに他力本願お手軽演技法!
これ面白いので、全部そのまま載せておきます。続きを読む
posted by タカシ at 21:40| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いままでで一番効果のあった「演技のコツ」

いま通っている演技レッスンは、ホント目からウロコのことが多いんだけど、中でも一番オレにとって効果のあったのは、「まばたきするな!」という指導でした。

それまでのレッスンやワークショップでは、そんなこと全然言われなかったので、「なんで?」って思いましたが、効果てきめん!……というより、最初は全然できませんでした。

「まばたきしちゃうのは、結局逃げてるんだよ。目の中の奥の自分が、実はビビっているのを見せないように目を閉じてごまかしているんだ」
……なるほど。

「目の中の奥に、感情が表れるのだから、それを見せるのが役者の仕事。開き直ってまばたきしないで演技できれば、それだけですごく変わるよ」

実際やってみると、これこそレッスンでやる価値のあるものなんだなと思ったね。これウチの鏡の前でやるのと、人前でテンションの上がったところでやるのではまったく違うから。

まばたきなしで、エチュードとかやるのは最初はビビるんだけど、思い切ってやると、ホント「あっオレ演じてる」って気がするですよ。

この「演じる快感」を味わうと病みつきになっちゃうね。

まばたきなし!
ぜひやってみてくださいね。絶対「劇的に」変わるから。
posted by タカシ at 20:48| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。