2006年07月05日

演技を”仕事”にしていく

おはようございます、タカシです。
役者を目指して上京してきて、いろんなことをやりました。
エキストラ、新聞広告のモデル事務所、新聞広告のタレント事務所、ショーパブのダンサー、バーテン、配膳会、そのほか危ないバイトもいろいろと……。

今も当然バイトしてるし、役者ではまだまだ食えないのだけど、それでも何とか芸能事務所に所属し、脇の脇ぐらいの役はもらえるようになりました!

エキストラのバイトで大道具のように扱われたり、新聞広告に出てる某大手(?)プロダクションで、登録料だけ払って素人同然の講師の教えてるレッスン受けたりと、いろいろと試行錯誤してきて、いまやっと何とかスタート地点に立てたっていう感じです。

親からは、「早く諦めて帰ってきて家業を継げ!」って言われてるんだけど、絶対にオレは諦めません!


ところで、こないだ再現フィルムにメインの役で出て、初めて監督から「いい芝居だったね」って褒められました。コーチにその話をすると「仕事になってよかったね」と言われました。

「仕事になる……?」

「今までも仕事してきたんだけど……」そう思ってコーチに聞くと、こういうことを言われました。
どんな仕事でも、人を喜ばせた分だけ、それに応じてお金がもらえます。バイトだってなんだってそうです。(なるほど)そしてもちろん、演技の仕事でもそうです。つまり、より多くの人を喜ばせることのできる人が、売れる役者であるということです。
また、たった一人のスタッフでも、自分のその仕事で本当に喜んでもらえた人がいて、それでギャラがもらえたなら、それは「仕事になった」ということなのです。

ちょっとこれ「目からウロコ」でした。
バイトとかしていると、「自分の時間を金で売る」という感覚なんですが、役者という仕事はそうじゃないんです。時間を売る仕事は、別にオレじゃなくても誰でもいいんです。オレしかできない、人を喜ばせる仕事、それが役者の仕事なんです。

身内以外、だれにもよろこんでもらえなかったり、逆に求められることさえもうまくこなせなかったりしたら、それはプロの仕事ではなく、アマチュアの自己満足です。

涙をほろりとさせたり、楽しい気分になったり、痛快な快感が味わえたり、夢の世界を見せられたり、恐怖の異次元に誘ったり……、そんな風に見て本当によかったと言ってもらえる、お金の取れる演技をこれから勉強してやっていきたいと思っています。

何かさせてもらえるのを待っているより、自分に何ができるかをどんどんアピールしていく、それでこそ道は開けていくと思います。

その商品を仕入れる、または戦う武器を磨いていく、そういう場がオレにとっての演技ワークショップです。

これから気づいたこと、自分で忘れないでしっかり心に刻み付けておくためにも、どんどん書いていきたいと思います。

posted by タカシ at 17:40| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20318997

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。